レーザー 脱毛

レーザー・脱毛についての情報ホームページです。レーザー・脱毛について知らなくても、当ウェブサイトを活用すれば詳しくなることが可能です。
ページの先頭へ
トップページ >

レーザーによるわき脱毛のメリット

レーザー 脱毛

レーザーを使ったわき脱毛施術を受ける人が最近増加していますが、効果のほどはどうでしょう。
脱毛効果が強いことが、レーザー脱毛の利用者が多い要因になっています。
ムダ毛が新しくつくられないように、レーザー脱毛では毛根の細胞を壊しますが、痛みがあまりないのがいいことです。
エステの永久脱毛で、毛の再生を完全に抑え込むためには、10回ぐらいは繰り返して脱毛をする必要があるでしょう。
医療レーザーならば、もっと少ない回数で、脱毛効果を得ることができます。
時間をかけずに施術が受けられることもレーザー脱毛のいいところです。
忙しい人でも、時間をぬって脱毛の時間を捻出できます。
レーザー脱毛はお肌への刺激が小さいことも利点の一つです。
カミソリや毛抜きのように、皮膚にかかる負担が大きいと色素沈着を起こして、皮膚の色が変わってしまうことがあります。
家での脱毛処理は、レーザー脱毛を行ってからは比較的やりやすくなるという利点も大きいものです。
気温が上がってくると、服から露出している肌は隅々まで脱毛をしたくなってしまうものです。
美容のためにも、夏になる前にしっかりムダ毛処理をしておきたいと思うのが女性というものです。
日々のお手入れのうち脱毛にかかる負担が軽くることは、女性にとっては歓迎すべきことです。
最近はレーザーによるわき脱毛の方法は、値段も随分と下がってきており、エステによっては、1万円から3万円くらいで脱毛の施術をしてくれるようになってきました。
場合によっては、レーザーでわきの永久脱毛をした方が、それ以後繰り返し脱毛処理をするよりも、お金の面でも、皮膚にかかる負担の面でも、都合がいいということもあるといいます。

レーザーのわき脱毛のデメリット

レーザー 脱毛

永久脱毛の方法はいくつかありますが、中でもレーザーを使うわき脱毛は多くの人が利用しているようです。
もしもレーザーでの脱毛をするのであれば、どういった部分に気を使うといいものでしょう。
技術的に未熟な人や、経験が少ない人にレーザー脱毛をしてもらうと、お肌が傷んだり、脱毛効果が十分に得られないこともありますので、気をつけなければいけません。
脱毛用レーザー器機も、メーカーや機種によって性能に差があります。
医療用レーザーは出力が大きく、エステのものより脱毛効果が強いようです。
脱毛施術をする医師の腕次第では、やけどのような炎症を起こすこともあるようです。
高出力のレーザー器機を使っていいのは、医療の資格を持っている人だけです。
万が一レーダー脱毛で肌を損ねてしまった場合でも、医師がいるところであれば、問題なく対処してもらえます。
医療用レーザーほどの出力をエステでは出すことができないために、その分痛みは軽減されるようです。
脱毛時の痛みについては、医療用のレーザーを用いた方が痛く感じることが多いようです。
毛根が集まっている部分の脱毛は、より痛みを感じやすくなるといいます。
わき脱毛自体は低価格で受けることができても、一度エステで施術を受けると、以後も別の部位の脱毛や、アフターケアに使うローションなどを売りつけられたりします。
すべてのサロンでは無く一部のお店に限られるので、わき脱毛の施術を受けようと考えているのであれば口コミサイトなどを使ってみましょう。
エステや医療クリニックでわき脱毛を利用する時には、接客態度やアフターケアの内容なども含めてチェックしたいものです。

レーザー脱毛と光脱毛の方法について

脱毛の方法は様々なものがありますが、医療レーザーと光脱毛は、どちらがいい方法でしょう。
脱毛効果の強さだけで比較する場合、光での脱毛より、医療レーザーでの脱毛の方が、より強力な脱毛力を誇っているとされているようです。
医療レーザーでの脱毛を、脱毛効果の程度で選んだという人も少なくありません。
ただし、股間部分のムダ毛処理をする場合は、脱毛効果が強すぎると肌を傷めたり痛みを生じたりします。
医療レーザーで脱毛をしたことで、以外と皮膚に負担がかかり、痛みがあったという人もいます。
また、肌が医療レーザーの光の刺激に負けてしまい、しばらく発疹ができて大変だったという人もいるといいます。
しかし、お肌が弱い部分は家庭で脱毛処理をすると、肌を傷めてしまったり、時間がかかる割には脱毛効果が上がらなかったりもいます。
肌を傷つけてしまったり、傷がついた部分が膿んでしまったり、それがきっかけになって皮膚に色素の沈着が起きてしまう場合もあります。
医療機関でなければ医療レーザーは使えないため、トラブル発生時でも安心です。
医療レーザーは、医師資格がある人でなければ扱えないくらい出力の強い機械といえるでしょう。
近年では、医療レーザー以外の方法でも十分な脱毛効果が上がるくらいには、脱毛に関する美容技術は進んでいます。
部位によっては、光脱毛を使った方がいいということもあるといいます。
脱毛施術を受ける時には、どんな脱毛方法にどういった特性があるかなどの情報収集をしたり、カウンセリングを受けてからレーザーかその他かなどを決めましょう。

レーザー脱毛によるワキ毛処理

少なくないのが、ワキ毛のレーザー脱毛の施術を美容クリニックで受けている人です。
ワキ毛は自宅で剃ることもできますが、すぐに新しい毛が再生したりします。
たくさんの人が、カミソリによって肌が荒れてしまったりするなどのトラブルを起こしてしまっている人も多いといいます。
正式に言うとレーザー脱毛は永久脱毛ではありませんが、だんだん毛が生えてくるのが何度か脱毛施術を受けるごとに遅くなったり量も減ってくるそうです。
黒い色にだけ反応するレーザー光を使用して、毛根内にある毛母細胞を破壊するのがレーザー脱毛でのワキ毛処理方法です。
一時ワキ毛が場合によっては濃く見えることがあるのが、ワキにレーザーを照射すると毛の部分が膨らむからです。
1〜2週間で色は徐々に失われていきます。
施術のときの痛みはニードル脱毛ほどではなくても多少はあるようです。
レーザー脱毛の施術時間は短めで、ワキの下であれば、片側でおおよそ30秒程度で終了します。
脱毛をしたすぐ後は皮膚を保護する力が弱くなっているので、毛のう炎や熱を伴う皮膚の腫れに気を付けたほうが良いでしょう。
患部をよく冷やし、軟膏などをつけて施術後のお手入れをしましょう。
治療を受けている間は日焼けが大敵なので、ワキのレーザー脱毛は施術をするタイミングに気をつけましょう。
レーザー脱毛をワキに受けた後に大事なのことは、UVカットのクリームなど使用して皮膚を守ることです。

サイトメニュー

サイトメニュー

Copyright (c) 2018 脱毛は医療レーザー?脱毛エステ?それとも自宅でやる? All rights reserved.